こちら東武鉄道竹ノ塚検車区 別館

「こちら東武鉄道竹ノ塚検車区」の別館です。現在は東武スカイツリーラインの発車標調査を掲載しています。本館は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/toki_lucario

大袋駅 - 東武スカイツリーライン発車標調査

大 袋

おおぶくろ Ōbukuro (TS-23)

ホーム 

1番線

f:id:toki_lucario:20160605191144j:plain

f:id:toki_lucario:20160605191200j:plain

 

表示タイプ(全番線共通)

24ドット/ゴシック3 13文字×2段

種別3・スペース0.5・時刻3・行き先5・両数1.5

 

2番線

f:id:toki_lucario:20160605191337j:plain

f:id:toki_lucario:20160605191357j:plain

 

コンコース

改札口

外観

f:id:toki_lucario:20160605192608j:plain

 

表示詳細

1番線用

f:id:toki_lucario:20160611223704j:plain

f:id:toki_lucario:20160605194752j:plain

 

 

2番線用

f:id:toki_lucario:20160611224048j:plain

f:id:toki_lucario:20160611224057j:plain

 

表示タイプ

24ドット/ゴシック3 13文字×3段

種別3・スペース0.5・時刻3・スペース0.5・行き先6

 

その他

列車接近表示(全番線共通)

(画像未撮影)

交互表示:まもなく電車がまいります。 ご注意ください。 

 

新陽社の発車標の中でひときわ異彩を放つレイアウトの大袋駅。実は新越谷駅越谷駅でもこの「種別と時刻の間にスペースをぶち込み、両数を1.5字幅にする」という謎レイアウトになっています。どうしてこうなったかは不明ですが、コンコースの6字幅行き先表示も関係しているのでしょうか…? とことん謎です。

ちなみに平成25年の橋上駅舎化が行われるまで、竹ノ塚駅北春日部駅と同様の明朝体タイプが使われていました。