読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら東武鉄道竹ノ塚検車区 別館

「こちら東武鉄道竹ノ塚検車区」の別館です。現在は東武スカイツリーラインの発車標調査を掲載しています。本館は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/toki_lucario

東武スカイツリーライン 発車標について

★各駅の目次はこちら

発車標の分類について

東武スカイツリーラインの発車標は,いくつかの種類に分類することができます。

*この分類は,管理人が独自に行ったものです。

24ドットタイプ

f:id:toki_lucario:20160331205748j:plain

多くの発車標がこちらのタイプです。1文字を表示するのに用いるLEDの数が24×24個のものです。

その中でも,表示されているフォントによっていくつかに分類できます。

①ゴシック体1

f:id:toki_lucario:20160331210336j:plain

スカイツリーラインで使用駅が増えている,ポピュラーなタイプです。ゴシック体で,少し丸っこいフォントが特徴。NEC・FontAvenueのゴシック体かもしれません。最近設置されたものは,これが多く使用されています。製造元は日本信号です。

主な使用駅:東向島・鐘ヶ淵・堀切・牛田・小菅(改札付近)・五反野・梅島・せんげん台・春日部(伊勢崎線和戸・加須・羽生・日光線栃木(改札付近)・新鹿沼・下今市)

 

②ゴシック体2

f:id:toki_lucario:20160331211336j:plain

ゴシック体1に似ていますが,それより少し角張っていて,確認できた使用駅が少ないです。ただ,運行情報表示器に使われている場合は割と多いです。製造元は東芝かもしれません。

主な使用駅:北千住・東武動物公園日光線杉戸高野台幸手

③ゴシック体3

f:id:toki_lucario:20160331212540j:plain

 

1・2とは大きく異なる字形です。平成角ゴシック体に似ています。また,時刻表示の数字部分が他の2つと大きく異なります。これも使用駅が多く,ポピュラーなタイプです。ROM更新で字形が変わるとコレになる場合があります。製造元は新陽社です。

主な使用駅:浅草・とうきょうスカイツリー曳舟・西新井・草加・松原団地・新田・蒲生・新越谷・越谷・大袋・一ノ割(日光線南栗橋

明朝体タイプ

f:id:toki_lucario:20160331213718j:plain

ROM更新などで最近姿を消しつつあるタイプです。古くからあるような表示器に多く見られます。五反野駅のスクロールも明朝体ですが,これとは少し異なります。なおコンコースには微妙に異なるフォントが使われています(北春日部除く・野田線流山おおたかの森はホームも)。製造元は東芝かもしれません。

主な使用駅:竹ノ塚・谷塚武里・北春日部・(アーバンパークライン流山おおたかの森

 

16ドットタイプ

f:id:toki_lucario:20160331214727j:plain

16ドットタイプは,本体の老朽化による交換が進み,スカイツリーラインではだいぶ稀少なものとなってきました。

現存しているものには2つの種類があります。

PC-98タイプ

f:id:toki_lucario:20160331214958j:plain

その名の通り,十数年前のパソコンである,NECPC-98」に使われているフォントが使用されています。16ドットの見出しのところで使用した画像は梅島駅の旧タイプのもので,これは取り替えられてしまいました…。小菅駅のものも昔は種別に2文字だけ充てて,時刻を梅島のように全角で表示していました。製造元は日本信号です。

主な使用駅:小菅(ホーム)(日光線板倉東洋大前)(日光線栃木は似ているが別フォント)

富士通16ドットタイプ

f:id:toki_lucario:20160331215617j:plain

富士通の古いパソコンに使われていたフォントが使用されています。これ自体は,現在でもJR東日本をはじめとした多くの会社の発車標に使用されているほか,03系の一部の車内のLED(日本語部分)にも使用されたりと目にする機会は多いですが,スカイツリーラインの発車標としては貴重です。製造元は東芝か新陽社でしょうか…。

主な使用駅:北越谷・姫宮(日光線新栃木)

 

発車標のレイアウトについて

基本的には,

  種別・発車時刻・行先・両数

普 通10:00東武動物公園8両

のレイアウトになっていますが,駅によって多少の差があります。

8月のROM更新(浅草・押上~館林・新栃木間 列車運行管理システム導入)により,だいぶ各駅で表示が共通化されました。

種別表示

全角3文字分の駅が多く,一部の駅では4文字以上のスペースをとって表示するところもあります。

発車時刻表示

基本的に半角で表示するため,全角2.5文字分のスペースのものがほとんどですが,ゴシック体3のものについては,特殊なフォントで3文字分のスペースを取っています。

行き先表示

行き先表示は,全角5~6文字を使って表示しますが,広いところでは9文字使う駅もあります。

両数表示

両数表示は,主に全角2文字分を使って表示しますが,駅によってはスペースの都合で全角1~1.5文字のスペースに詰めているものもあります。英語表示が出ない場合もあります。

また,特急列車の場合は,(全席指定)という表示にも切り替わります。これは全角2~3文字分を使用(駅によって異なり,種別部分に表示する駅もあります)しますが,レイアウト設定に失敗して行き先が隠れてしまっている駅もあります北千住駅が2016年9月に修正されました)

番線表示

駅によっては,などで発車番線を表示している場合もあります。

普 通10:00東武動物公園8両 

 

 

スクロール表示など

発車標の中段や下段では,東武鉄道からのお知らせや運行情報を流すほかに,列車在線位置表示が流れます(昨年8月のROM更新で登場)。主な表示は以下の通りです。

先発列車の停車駅表示

終点まで各駅にとまります。

先発列車在線位置表示

こんどの電車は西新井駅付近を走行中です

先発列車停車中

次は谷塚にとまります。

かけこみ乗車はおやめください。

 

 

今後,こちらを指標として,各駅の発車標を紹介していきますので,どうぞよろしくお願いいたします。

 

その他注意事項

注意事項は本館のトップページ記載の注意事項と同様とします。記事や各種データについても,基本的には本館のトップページ記載の注意事項で定めた事柄に準拠します。ただし,第三者からご提供いただいた写真等,および管理人が別に定めたものに関してはこの限りではありません。 

加えて,当サイト内の発車標の画像については,LED発車標再現の資料として自由にご利用いただいて構いません。ただ,事後で構いませんのでTwitterやコメント等で使用報告をしていただけれると幸いです。(管理人のモチベーションの向上にも繋がります。)また,再現をする上で,「画像が暗い・不鮮明でドットが見えない」「再現のためもっと大きなサイズの画像が欲しい」等のご要望がございましたら,お気軽にTwitterやコメント等でお声かけください。大きな画像や明るい画像を出来るだけご用意いたします。

 

このサイトのご利用については以上の事項を踏まえ,ごゆっくりとお楽しみください。