読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら東武鉄道竹ノ塚検車区 別館

「こちら東武鉄道竹ノ塚検車区」の別館です。現在は東武スカイツリーラインの発車標調査を掲載しています。本館は⇒http://blogs.yahoo.co.jp/toki_lucario

蒲生駅 - 東武スカイツリーライン発車標調査

蒲 生

がもう Gamō (TS-19)

ホーム

表示詳細

1番線

f:id:toki_lucario:20161001154801j:plain

f:id:toki_lucario:20161001154817j:plain

表示タイプ(全番線共通)

24ドット/ゴシック3(マルチカラー3色/新陽社) 13文字×3段

種別3・時刻3・行き先5・両数2

 

2番線

f:id:toki_lucario:20161001221430j:plain

f:id:toki_lucario:20161001221444j:plain

 

コンコース

改札口

外観

f:id:toki_lucario:20161001233820j:plain

 

表示詳細

1番線用

f:id:toki_lucario:20161001233932j:plain

f:id:toki_lucario:20161001233947j:plain

 

2番線用

f:id:toki_lucario:20161001234244j:plain

f:id:toki_lucario:20161001234302j:plain

表示タイプ

24ドット/ゴシック3(3色/新陽社) 14文字×3段

番線1・種別3・時刻3・行き先5・両数2

 

その他

列車接近表示(全番線共通)

f:id:toki_lucario:20161001234539j:plain

f:id:toki_lucario:20161001234557j:plain

交互表示:まもなく電車がまいります。 ご注意ください。  

 

 

蒲生駅には少し前まで新陽社製16ドットタイプが設置されていました。昨年冬頃に現在の発車標に取り替えられましたが、昨年夏のROM更新までは明朝体を採用する、新製されたものとしては珍しい仕様でした。現在は他の新陽社24ドットと変わりありません。

コンコースに設置されているものも白く塗装されていますが新製されたものではなく、旧発車標時代からあったものを加工したものとみられます。(その証拠にホームの発車標はマルチカラーですがコンコースのものは3色タイプです)この無理矢理グレードを合わせた感が個人的にはツボです。